学校日記 その813  令和元年9月2日からの週          

  

  9月2日(月) 
  「そうじの反省会の様子」

       勝馬小学校では縦割り清掃を行っています。グループごとに
      決まった掃除場所の中で担当を決めて,交代で掃除をします。
      中・高学年は,低学年に掃除の仕方を教えます。中・高学年も,
      かつては上級生から教えてもらいました。上級生の姿を見て
      下級生が成長していく・・・勝馬小学校の伝統です。

       週に一度,反省会を行います。よくできたこと,上手くいかな
      かったこと,次に取り組みたいことなどを,全員が発表します。
       一学期は一人で言えなかった一年生が,自分で考えて反省を
      言えるようになってきました。掃除に主体的に取り組めている
      証拠です。そんな一年生を,高学年は「よかったよ」と褒めます。
       
       これからも,みんなで協力して,勝馬小学校をピカピカにして
      いってほしいと思います。
          


  9月3日(火)
 
  運動会の練習
       これまで雨が続いてなかなか運動会の練習が運動場でできませんでしたが、
      今日は、午前中すっきりと晴れて練習日和となりました。練習では、一輪車演技を
      行いました。子どもたちは、暑い中、気持ちを集中させて取り組みました。技をそろえる
      のは、なかなか難しいことですが、練習を繰り返すことで少しずつ上達しているようです。
      これからもがんばっていきましょう。
         

       


  9月4日(水)
 
  「毎日の成長
 
       子どもたちの成長する姿にあらためて感心させられます。
      練習初日には,何度も一輪車から落ちていた入場の場面。
      今日は随分落ちる回数が減り,スムーズに一輪車をこぐ
      姿がありました。一日一日の成長の早さに驚かされます。
        
     


  9月5日(木)
 
  「一輪車から学ぶこと」

       一輪車演技を通して得られるもの。それは,体力,忍耐力,積極性の向上,
     協力することの大切さへの気づき,自己肯定感の高まり,充実感・達成感,
     そして,相手を思いやる心を育むなど。本当にたくさんの力が身につく素晴らしい
     取り組みだと感じました。この経験は,深く心に刻まれ,大人になってもきっと
     役に立ってくれることでしょう。
     
          
    



  9月6日(金)
 
  「人権作品」

       
       

      人権作品の絵が完成しました。みんな自分が楽しかったことをテーマに描きました。
     プール,給食,一輪車と,日々の学校生活の一つ一つが子どもたちのわくわくにつな
     がっているんだなと感じました。
      ある作家の方が,
      不機嫌は最大の環境破壊
      と言われていました。
      自分が笑顔でいることでたくさんの人を幸せにしていることを思いながら生活できたら
      幸せが広がるなと思います。


  9月7日(土)
 
  「自由研究発表会・かかしづくり」

2学期初めての参観がありました。自由研究発表会では、各教科から発展した
自分の課題を夏休みの間に、観察、実験、制作、資料等で調べ、そのまとめた
ものを聞いている相手に伝わるように発表しました。どの子どもたちも興味ある
内容でした。参観された保護者の方からも、とてもよい感想をいただきました。
学校が目指しているものは問題解決の力です。自由研究はまさにその力を育
てるものです。来年に向けてまたがんばりたいと思います。
田んぼの稲が実りだしました。そこで、毎年恒例の案山子づくりがありました。
縦割りグループでそれぞれ案山子を制作。3体共、個性豊かな案山子ができあ
がりました。ちかじか田んぼに立たせ、稲を守っていただきます。
たくさんの参観、お手伝いありがとうございました。 
   
     

    



    
2019年8月26日の週へ 
           学校の中へもどる